So-net無料ブログ作成
つぶやき ブログトップ

身近な幸せの瞬間 [つぶやき]

今日は何も予定がない。強いて言えばATMにお金を振り込むために一度家に帰宅しなければならないことだけだ。天気も快晴で気温も寒すぎない。ちょっと歩いて外出すつには適している。こんな日はカフェで昼ご飯を食べた後にゆっくり過ごすのが好きだ。これは満喫してるぜアピールとかそういう訳ではない。

一昨日の土曜と昨日の日曜はゆっくりする暇がなかった。睡眠時間も5時間を切るほどで帰宅時間も最速で21時を過ぎた。もちろんそれは自分が選択したことだが、内容がどうあれ客観的に見ても余裕がない2日間だった。

今日は9時間ほど睡眠をとって朝起きた。特に外出する予定もなかったが、なんだか天気も良かったので外に出たくなった。こういった日は外を、特に人通りの少なく交通もすくない道を歩くだけで気分が上がる。非常に楽しい。そのあとカフェに行った。他にお客さんはほぼいなく、席を自由に使える。昼ご飯を食べながらiPadでニュースをチェックし食べ終われば読書を開始する。そのとき幸せを感じる。それは今日だけが単独で楽しいというよりは昨日までが余裕がなかったから今日が楽しく感じるのだ。

今日したことはささいなことだけ。外出してご飯食べて読書をしただけ。あるニュースで暇だからスタバで読書をするという盲の内容が記載されておりちょっとイラっとしたが、暇だから読書をするのではなくこの時間に読書をするから楽しいのだ。そして読む行為はいつでもやめたり続けたりできる。この自由もまた楽しい。最近様々なイベントがあったので「楽しい」と思うことが今日だけではなく多々あったが「幸せ」と感じるのは今日が久しぶりかもしれない。

「幸せ」とはイベントなどがあるかどうかは別なのかもしれない。自分が望む選択をしそれを自由にできるときにこそより「幸せ」を感じるのかもしれない。それは常にないからかもしれない。毎日が今日みたいだったらこれほど何かを感じることはなかっただろう。時間の使い方次第で「幸せ」を感じられる。非常に簡単ではないか。

皆はどうやって「幸せ」を感じているのだろうか。何かあるのであればそれでいい。しかし現時点でない人も少なくないだろう。ちょっとは探してみてはどうだろうか。実は今日のちょっとした時間でできることかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽に生きるには、、、 [つぶやき]

今日はスーパーでビーフシチューの素、カレー粉みたいのを買った。なんだかんだ初めてビーフシチューとやらを作った。肉は角ばったものを600gも買ったのでなんだか節約になっていない気がしたが、まぁ雰囲気大切だから気にしない気にしない。

そのあと用があってドラックストアに寄った。カレー粉コーナーを寄ったときちょっと見て行こうかなという気分になった。別にどっちが安いかを比較するためでもない。ちょっとみて見ようとなぜか思った。本来最も寄る必要のないコーナーだろう。なぜならさっきスーパーでカレー粉は買ったからだ。明らかに「無駄」な行為だっただろう。でもなんだかちょっと面白かった。

世の中、特に仕事に関しては「無駄」なものは排除する。生産性などに関わるからだ。テクノロジーも世の中の「無駄」を排除するべく発明され発達していく。例えばスマホなんてその象徴だ。昔は手紙で連絡を取っていたが、携帯でメールが可能になり、携帯でもいちいち開いたりする「無駄」がありそれをさらに排除したのがスマホだ。PCを立ち上げて検索するのも今では一瞬でスマホを起動して検索できる。著名的な堀江貴文氏は超がつく合理主義者で「無駄」なものは徹底的に嫌う。私も概ね同感できる。

しかし私は今回堀江貴文氏がいたらとことん言われるであろう「無駄」な行為をあえてした。「無駄」なことはわかっていたがそれでもしてみた。今回ふと思ったのが、人生をのほほんとさせるのは「無駄」なことが多いのではないだろうか。人生を楽しくや生きがいを感じさせるのではなく、自分に一息つけさせたりするということ。例えば車で数分で済む移動をあえて徒歩にして10分以上かける人。これは確かに「無駄」だし、その浮いた時間で他のことをする方が人生観的にはいいだろう。しかしあえて時間を費やすのもまた楽しく感じることもある。

時間は過ぎたら返ってこないので「無駄」にはできない。非常に納得できる。しかしあえて時間をかけてみるのもまた面白いかもしれない。結局は時間を何に使うかではなく、自分の時間の使い方に満足しているかどうかが重要なのだ。私はこの文章を書くのに時間を費やしたことを満足している。いいことじゃないか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

普通に就職でもしましょうか [つぶやき]

なんだか今の時代は就職困難みたいなイメージあるかもしれないがそれは間違い。確か大卒だと就職率は90%を超えている。高卒就職率も上がりつつある。少子高齢化なのだから人手が足りないので企業は逆に欲しいくらいだ。ただ10年もすればAIなどの全自動化が進み、簡易作業の仕事は無くなり、人では十分になるだろう。

それは今回置いといて、就職率が高いというのにはある隠されている部分がある。それは希望した仕事に就けたかどうかは反映されていない点だ。そりゃなんの仕事でもいいなら正直自分も普通に仕事はみつかると思う。実際多くの人がそんな感じだろう。それで本当にいいのだろうか。何でもいいから仕事(給料面で満足していても本当は望まない職種)に就いて週5で働いて、その仕事に満足していなくても続ける。つまり自分の欲求より企業の欲求を満たせということ。社畜になりましょう!という他ならない。

最近起きた電通社員の自殺事件。あれはどうにかしてあげたかったなと思うが、堀江貴文氏は「プライドがあったがためにやめることができず自殺にまでつながってしまった。」という盲を述べていた。そうかもしれない。もしその社員が電通の仕事が面白くてやりがいを感じていたら残業なんて苦しいと感じなかったかもしれない。

今「下剋上」というドラマの録画を観ている。ここでも学歴の問題が関係しているが、とりあえず自分は学歴で人を評価するような能力なしな人間にはならないようにする。評価材料の一つとしてはいいかもしれないが、最初から大卒だとかで評価する人は、学歴のようなものでしか人を評価できない能力の低い人ですと言ってるようなものだから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

センター試験大変でしたね [つぶやき]

1/14-15はセンター試験。電車に乗ると高校生らしき人が大勢乗っていた。帰りには試験の感想を言い合ってた。それを見て自分が受けていた時期を思い出して懐かしく思った。あのときからやる気を維持することは大変だったが、それでもよく頑張ったと我ながら褒めたい。というのは点数がどうのこうのではなくよく試験勉強を続けれたなということ。

高校生や浪人生のような進学という道をとりあえず選択して目指している状態は社会人になってからとはまったく別の感覚である。なぜなら進学においてはテストの点数を高くすることが最も良い結果であって、それほど目的が明確なことはない。どんな仕事に就こうかなんて考える必要もなく試験で高得点をとればそれでいい。なんて簡単な世界なんだと思う。

しかし問題なのがそのあとのこと。今回の話で言えば、試験で高得点を取って進学したあとどうするかが問題なのだ。多く人が試験を頑張って合格して進学する。そんなに頑張ったのに進学した後はどう変わるのだろうか。大学生を見ればわかるが、今までの努力はどこに影響を及ぼしたのか疑問になるほどなんともない生活をしている。それである時期になれば無理やり仕事を探してなりたくもない仕事に就く。それで満足ならいいが、本音はそうでない人が大多数。あんなに受験を頑張ったのに最後はどうだろう。なんだか虚しく感じる。

受験生をみていると同じことを思い、センター試験を受けに行く学生をみると虚しいものだなと、、、。もちろん全員がそうではない。元々目的をもってそれで試験をパスする必要があるならいい。新しい道を考えてみてもいい時代だと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
つぶやき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。